ゲスト返金ポリシー

ゲスト返金ポリシー(以下「本ポリシー」といいます。)は、コンビニアム利用規約に付属するポリシーです。ゲストとホストの間で取引が成立した後、キャンセル等によって宿泊が行われなかった場合等によるゲストへの返金方針について定められており、コンビニアム利用規約に加えて本ポリシーの全文をお読みいただいた上で、本ポリシーに同意いただく必要があります。

1.取引のキャンセルについて

成立した取引のキャンセルによって、実際に宿泊が行われなかった場合や、宿泊日数の短縮等により当初予定の宿泊日数よりも少ない日数となった場合は、ゲストがすでに支払いをした利用料金のうち全部又は一部が返金の対象となります。取引及び取引の成立については、ゲスト規約をご参照下さい。

2.キャンセル料について

成立した取引がゲストの申し出によりキャンセルされた場合、キャンセルの日時によってキャンセル料が発生する場合があります。

3.利用料金の構成について

ゲストの支払う利用料金は、ゲストの収入となる宿泊料、及び当社の収入となるサービス料から構成されます。利用料金の総額を当社がまとめて受領し、キャンセル料の計算や、判定・判断を要する場合の最終決定及び返金の手続きについても当社が行います。

4.返金方法

決済確認後に、キャンセルポリシーに定めるキャンセル料を除いた金額を、クレジットカード会社の規定する返金方法により返金します。この場合、口座への振込にかかる手数料はゲストの負担とします。ただし、サービスの提供について当社またはホストの責に帰すべき事由が発生した疑いがあった場合は、速やかに事実関係を調査した上で全部または一部を返金いたします。

5.返金期日

クレジットカード決済が行われ、ゲストの支払う利用料金が当社へ入金されたことを確認できた後、クレジットカード会社の規定する返金期日に基づき返金手続きを行います。

6.不足金額が発生する場合

ゲストから入金された金額がキャンセル料を下回った場合、当社から発行または電磁的方法により通知される請求書に従って、ゲストは不足金額を支払うものとします。この場合、発生する手数料はゲストの負担とします。

7.ホスト都合によるキャンセル

ゲストは、取引成立後においても、ホストが本サービスを通じて取引をキャンセルする場合があることをあらかじめ了承し、これについて当社に対して損害賠償請求をすることができないものとします。ホストの事情によりゲストが損害を被った場合において、当該損害の原因となった取引における取引代金以上にはゲストからホストに対して損害賠償請求をすることができない場合があることをあらかじめ了承するものとします。

8.告知義務

ゲストが契約に際して告知しなかったことにより生じた損害については、ホストは一切負担しないものとします。なお、いかなる場合も、当社は、キャンセルポリシーに定める内容以外に、ゲストに生じた損害についての損害回復措置をとる義務を負うものではありません。

9.宿泊不能によるキャンセル

本サービス上に掲載される宿泊施設は、安全面、衛生面において必要最低限の基準を満たし、ホストによる説明の内容と一致する必要があります。宿泊施設が当社所定の基準に達していないことが原因で、取引が成立した宿泊物件にゲストが宿泊できなかった、またはそれに準ずる状態となった場合には、キャンセルポリシーの定めに従いゲストに返金が適用されることもあります。この場合はキャンセルポリシーに従って処理するものとします。